メニュー

もの忘れ外来

もの忘れは、年をとることで、誰にでもおこるものです。
しかし、単なるもの忘れでも、認知症のひとつの症状としてあらわれるものもあります。

認知症の可能性があるもの忘れ

  • 物事の段取りが分からなくなる
  • 日付、時間や場所等が分からなくなる
  • 経験の一部ではなく、経験したもの全体を忘れていしまう。
  • そもそも、もの忘れかどうかも分からない

あくまでも、上記は、目安になりますので、認知症の診断は、医師による適切な診断と治療が必要です。
認知症は、進行する病気ですので、早めに対策をすることが有効です。また、認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)を早期に発見し、認知症への進行をできるかぎり予防することも大切です。

もの忘れで気になることがございましたら、当院にご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME