メニュー

睡眠時無呼吸症候群の治療

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群睡眠時無呼吸症候群とは、眠っているときに、「無呼吸(10秒以上呼吸が止まること)」の状態が1時間あたり5回以上、または、7時間の睡眠の中で30回以上ある場合に診断される病気です。主に、いびきや昼間の眠気、熟睡感がない、起床時の頭痛などの症状があります。
英語でSleep Apnea Syndromeといわれ、SASと略して呼ばれることもあります。

下記の症状がある方は当院にご相談ください。

  • 昼間の耐えがたい眠気
  • (家族などが気づく)睡眠時の呼吸の停止
  • (家族などが気づく)大きな鼾(いびき)
  • 不眠(頻回な中途覚醒)
  • 日中の集中力の低下
  • 全身倦怠感
  • 起床時の頭痛
  • のどが渇く

診断

ポリソムノグラフィと呼ばれる検査で無呼吸が見られることを確認します。

検査は近隣の医療機関を紹介します。

治療

症状にあわせて、CPAP装置を使った治療や、マウスピースを使った治療を行っていきます。

併せて生活指導なども行います。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME