メニュー

統合失調症

統合失調症のチェック

聴こえるはずのない声が聴こえる幻聴や妄想なが主にみられ、周囲から見ると理解できない奇異な行動がでることもあります。

妄想の例としては

「周囲の物事を自分に関係づける」

「人から見られている、監視されている」

「噂されている」 などが挙げられます。

治療

本人は幻覚や妄想の存在を否定したり、病気であるという認識に欠けることが少なくありません。しかし、治療開始は早期である方が予後が良いため、早めに医療機関へご相談下さい。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME