メニュー

その他の認知症

前頭側頭型認知症 (FTD)

前頭側頭型認知症は、脳の前頭葉や側頭葉が萎縮します。ピック病がこの疾患に含まれます。
もの忘れ以外に、感情をコントロールすることができなくなったり、性格変化がみられるのが特徴です。
また、我が道をいく行動や同じ行動を繰り返したりすることもあります。

正常圧水頭症

 主な症状は、もの忘れ、歩行障害、失禁の3つで、徐々に進行していきます。

画像検査で脳室拡大など特徴的な所見を認めます。

正常圧水頭症は、脳神経外科で手術をすることにより改善する可能性はあります。しかし、アルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症が合併していることも少なくありません。正常圧水頭症の治療には脳神経外科との協力が必要となります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME