メニュー

パニック障害

パニック障害とは、突然、激しい動悸、脈拍が異常に多くなる、震えがくる、息苦しくなる、胸が苦しくなる等の発作がおこり、強い不安感にさいなまれる病気です。

発作は、10分~30分程度で収まることがほとんどですが、この発作を繰り返すうちに、またその発作が再発するのではないか、と恐れる「予期不安」がおこり、発作が起こった場合に対応できない場所へ行きづらくなる、「広場恐怖(外出恐怖)」がみられます。

治療

薬物療法では抗不安薬や抗うつ薬などを使用します。症状の程度によっては必要な時だけ患者さんの判断で服用する頓服投与を行います。薬物治療によって心の状態を安定させる治療と、精神療法や認知行動療法(CBT)などの心理療法があります。患者さんの症状や生活背景などに合わせて、適切な治療を考えていきます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME