メニュー

大人の発達障害

発達障害

発達障害とは生まれもった発達上の個性があることで、日常生活に支障をきたしている状態です。

発達障害には注意欠如多動症(ADHD)、自閉スペクトラム症(ASD)などが含まれ、近年注目が集まっている疾患です。

これらの特性をもつ人たちの中には、障害とは気づかれずに、困っていたり、大人になって環境が変わることで日常生活に支障をきたすようになることがあります。「何度言ってもわからない」「努力がたりない」等の誤解を受け、ひどく思い悩んでおられるケースも見受けられます。

またうつ病等の精神疾患を患っておられ、治療してもよくならないケースでは発達障害が合併していることもあります。

治療には薬、環境調整、生活支援、カウンセリング等を個人の状態にあわせて考えていきます。

自分の特性を正しく把握し適切に対応することで、症状を軽減していきます。

注意欠如多動症(ADHD)のチェック

自閉スペクトラム症(ASD)のチェック

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME