メニュー

月経前症候群

症状が現れるタイミングには個人差がありますが、生理の1週間ほど前から下腹部の痛み、頭痛、肩こり、めまい、吐き気などの身体症状や不安、イライラ、気分の落ち込みなどの精神症状などがみられます。うつ病などの心の病気を患っている時にはお互いの症状が強くなることもあります。

生理に伴うホルモンバランスの変化が関係していると言われており、治療は漢方薬を主体に症状に合わせて他の治療薬を組み合わせていきます。また、症状が重い場合には婦人科でのホルモン治療を勧めることもあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME